ONLINE SHOP

CREATION喜久水のものづくり

多種多彩な喜久水のものづくり

『旨い水』のあるところ『旨い酒』あり

全国名水百選「猿庫の泉」水系の仕込み水

環境省・全国名水百選の一泉として認定された「猿庫の泉」と同じ水系の仕込み水を使い、
この土地独自の美味しいお酒を醸しています。

「猿庫の泉」は江戸時代に茶に適した水を求めて諸国を遍歴した不蔵庵竜渓宗匠が探しあてたといわれており、スッキリとした中にほのかな甘みが感じられる味わいが特徴です。

本当の「地酒」を追い求める

たかね錦

昨今の流通の発展によって、お酒を造るために地元産の原料を使うということは少なくなりました。

しかし、喜久水酒造は飯田下伊那唯一の酒蔵として、また南信州の酒蔵として、
地域と共に歩む「地酒」としての在り方を追求していきたいと考えています。

原料となる酒米は長野県を代表する酒造好適米「美山錦」はもちろんのこと、契約栽培農家と幻の酒米といわれる「たかね錦」を復活させ、手間を惜しまず丹精込めた酒造りを心がけています。

地産地消の多種多様な酒造り

地産地消の多種多様な酒造り

私たちは原材料は極力地元の材料を使い、地域内の様々なニーズを満たすために日本酒だけではなく
焼酎、果実酒、リキュール、シードルなど新しい取り組みを行っています。

日本酒以外の酒造りにおいても地産地消を活かした取り組みをしていくことで、県外のよりおいしいお酒を求める方々に、より特徴のあるお酒をご提供していきたいと考えています。