酒造り

 

『旨い水』のあるところ 『旨い酒』あり


猿庫の泉

猿庫の泉

環境省・全国名水百選の一泉として認定された

「猿庫の泉」と同じ水系の仕込み水を使い、


この土地独自の美味しいお酒を醸しています。


お米にもこだわった酒造りをしています。


長野県を代表する酒造好適米「美山錦」はもちろんのこと、


契約栽培農家と幻の酒米といわれる「たかね錦」を復活させ、


手間を惜しまず丹精込めた酒造りを心がけています。

猿庫の泉


3タイプの仕込み方法


南信州、飯田・下伊那地方で唯一の


酒蔵喜久水では、“地域の皆様が


誇れる地酒”を目指し、日々努力を


重ねております。


お客様のニーズにお応えするために、


3タイプの仕込方法をお酒の種類に


よって使い分けて、美味しい喜久水を


醸しています。

目標とする酒質に向け出来る限りの挑戦をする、蔵人の技が活きる小さなサイズの酒造り。
醸造機械を駆使して自動製麹・酵管理等を行う、効率的な大きなサイ ズの酒造り。


①②両方の長所を取り入れるための中間サイズの酒造り。

“基本に忠実でありながら、

新たな試みも忘れない”

そんな酒造りを心掛けております。


酒造りの工程


①自動精米機 ②種付け ③盛り
自動精米機 種付け 盛り
④酒母仕込み ⑤酒母醗酵中 ⑥もろみ櫂入れ
酒母仕込み 酒母醗酵中 もろみ櫂入れ
⑦もろみ醗酵中 ⑧搾り ⑨タンク貯蔵
もろみ醗酵中 搾り タンク貯蔵


お酒は20歳になってから。おいしく適量を。飲酒運転は絶対にやめましょう。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に影響するおそれがありますので、気をつけましょう。
20歳以上の年令であることを確認できない場合には酒類を販売いたしません。

Copyright(c) kikusui Shuzou Co.,Ltd.