沿革

 

◆社長あいさつ

◆会社概要

◆沿革

◆環境への取り組み


沿革


昭和19年7月 飯伊37酒造業者が企業合同して資本金120万円の下伊那酒造株式会社を設立初代社長 宮島唯七就任

製造品目 清酒・焼酎乙類

製造工場 中央蔵(仲の町)、新町蔵(大門町)、愛宕蔵、

八幡蔵、山吹蔵、駒場蔵

造石税より蔵出税となる

昭和22年4月 飯田市の大火により中央蔵、新町蔵、通り町予備蔵が全焼 社長 加藤義雄就任
昭和25年6月 山吹蔵に連続蒸留器新設、焼酎甲類製造
昭和26年7月 社名を喜久水酒造株式会社に改称 資本金1,000万円
昭和27年10月 本社壜詰工場を新設 酒類業功績により関東信越国税局長表彰状受賞
昭和31年6月 長姫商事有限会社を設立、副産物(酒粕・漬物)販売松川蔵(現本社)を新設、駒場蔵を廃止
昭和32年10月 資本金3,000万円
昭和34年10月 食品衛生優良施設により厚生大臣賞受賞
昭和35年10月 資本金5,000万円 アルペンポートワイン新発売
昭和38年7月 長姫商事有限会社を喜久水食品工業株式会社に改称
昭和42年10月 資本金7,000万円
昭和43年11月 にごり酒天龍発売 ガス入り清酒パンチメイト新発売
昭和45年10月 山吹蔵廃止、焼酎・果実酒類・スピリッツを壜詰工場へ移転本社社屋を新築(仲の町)

清酒「心」「歓」を新発売

昭和46年5月 清酒「喜久水娘」を新発売 名水雪渓新発売(ミネラルウォーター)
昭和47年1月

昭和47年10月

全酒類卸免許下付される

八幡蔵を廃止、松川蔵へ統合

昭和48年8月 資材倉庫および駐車場新築 社長 浜島潮三就任
昭和50年9月 吟醸酒新発売 本醸造酒新発売
昭和52年5月 全国新酒鑑評会金賞受賞 社長 宮島桂治就任
昭和54年2月 酒蔵開放開始喜久水食品工業株式会社合併

飯田のれん会発会

資本金7,300万円

純米酒新発売

1.8リットル8P箱に移行

昭和55年10月 全国アマチュア利き酒選手権飯田地区大会開始
昭和56年9月 アップルワイン「りんご並木」新発売 パーソナルカップ、そば焼酎、むぎ焼酎、こめ焼酎新発売
昭和56年10月 酒造従業員通勤制となる
昭和57年4月 さけパック新発売 全国新酒鑑評会金賞受賞

飯伊日本酒党発足

昭和59年4月 第一回頒布会酒発売 生貯蔵酒新発売

飯田麒麟販売株式会社に資本参加 社長 宮島桂治就任

昭和62年9月 社長 加藤仁美就任
昭和63年11月 松茸酒新発売
平成2年5月 全国新酒鑑評会金賞受賞 大吟生酒新発売
平成3年5月 全国新酒鑑評会金賞受賞 飯田麒麟販売株式会社社長 宮沢昭男就任
平成4年4月 清酒完全級別制度廃止 アルプス吟醸新発売

喜久水ロゴ変更

全国新酒鑑評会金賞受賞

優良申告法人 表敬状受賞

梅ワイン、梅リキュール新発売

平成5年5月 全国新酒鑑評会金賞受賞 純米吟醸「猿庫の泉」新発売
平成7年9月 社長 宮沢昭男就任
平成8年4月 かりん酒新発売
平成10年4月 飯田ビール株式会社に資本参加
平成11年4月 特別本醸造「たかね錦」新発売 新社屋・松川蔵合理化工事開始
平成12年6月 飯田麒麟販売株式会社と株式会社綿藤 合併
平成14年9月 松川蔵合理化工事終了、本社を現住所新社屋へ移転 社長 宮島八束就任
平成19年9月 代表取締役会長 宮島八束就任 代表取締役社長 濱島光男就任
平成20年5月 全国新酒鑑評会金賞受賞
平成22年5月 全国新酒鑑評会金賞受賞

お酒は20歳になってから。おいしく適量を。飲酒運転は絶対にやめましょう。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に影響するおそれがありますので、気をつけましょう。
20歳以上の年令であることを確認できない場合には酒類を販売いたしません。

Copyright(c) kikusui Shuzou Co.,Ltd.