会社案内

 

◆社長あいさつ

◆会社概要

◆沿革

◆環境への取り組み


喜久水酒蔵は南アルプスを望む城下町 飯田地方唯一の酒造メーカーです


会社イメージ

南アルプスを望む城下町 飯田、下伊那の南信地域にはかつて37軒の酒造家がありました。

太平洋戦争戦時下の昭和19年に各地で行われた企業合同した蔵元の中でも全国的にも稀な、企業合同したまま残る酒蔵です。

また、当地飯田下伊那地域に唯一ある日本酒の蔵元です。


酒銘の『喜久水』は、企業合同した折に市内の酒造家が使っていた銘柄を総意として引き継ぎ、現在に至ります。


喜久水では全国新酒鑑評会での金賞受賞や長野県清酒品評会、関東信越国税局主催の清酒品評会でも良い成績を収めています。

また、地元、長野県内で栽培された農産物を原料とし、清酒以外にも芋・麦・そば焼酎や、梅酒をはじめリキュールなどの製造販売を行っています。


喜久水の日本酒・焼酎・喜久水製品のご愛顧を賜りますよう、これからもよろしくお願い申し上げます。


お酒は20歳になってから。おいしく適量を。飲酒運転は絶対にやめましょう。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に影響するおそれがありますので、気をつけましょう。
20歳以上の年令であることを確認できない場合には酒類を販売いたしません。

Copyright(c) kikusui Shuzou Co.,Ltd.